ホーム > 現金化 > 現金化にということを考えると新幹線のチケットは危険なのか

現金化にということを考えると新幹線のチケットは危険なのか

還元率は現金化で重要な項目で、必ず注目しなければいけません。 

少しでも高いがよく、どんなものが向いているか、常に考慮することでしょう。

しかし、そうそう都合よくいきません。

見つからないのも確かなのです。

そんなに簡単であれば、誰も苦労などしません。

 

金券が注目されるのも、還元率が高くなりがちだからです。

店頭を見るだけでも、わずか数%だけ引かれているものを見るでしょう。

それでも、少しでもお得になるため、購入する人がいっぱいいるのです。

当然、かなりの高値で買い取ってもらえると考えることができるでしょう。

 

そんな簡単にいかないから、活用できないのです。

理由としては、クレジットカードを使って購入できないからというのが問題でしょう。

ほとんどの金券は購入できないのです。

つまり、現金化に利用できないのですから、うまくいきません。

 

これは、カード会社に手数料を支払うことが問題です。

現金と等価値の金券なのですから、手数料を払えば、その分だけ赤字です。

それでも、うまく活用することができないわけではありません。

クレジットカードで購入可能で金券と同等のものが、新幹線のチケットなのです。

クレジットカードの現金化の業者も数多く扱っていましたが、今では絶滅状態になりました。

トップクラスの還元率を誇りますが、乗降者数の多い駅でなければ価値が下がります。

さらに、カードの所有者が利用できないようなチケットを大量に購入すれば、それだけで異常です。

カード会社から怪しまれ、取引停止にされてしまうこともでてきます。

不自然になる方法にすると、デメリットになりますの、よく考えて使いましょう。

参考サイト:http://www.genkinka-info.link/


タグ :